手数料はどこも安い?仮想通貨取引所と手数料について迫る

手数料はどこも安い?仮想通貨取引所と手数料について迫る

115view

2018.07.26

仮想通貨取引所には「取引所」と「販売所」がある

仮想通貨取引所において売買を行うと手数料が発生します。投資を行う場合はより多くの利益を得ることを考えるので、当然仮想通貨取引所ごとの手数料について考える人が多いかもしれません。しかし、仮想通貨取引所で売買をするにあたっては、仮想通貨取引所に置かれている「取引所」ではなく「販売所」の手数料を気にすることが重要になります。

まずは、「取引所」と「販売所」の違いについて説明していきます。仮想通貨取引所には基本的に双方が置かれているのですが、売買を行う相手が違うことが大きなポイントです。「取引所」は、同じ仮想通貨取引所にログインしているユーザー同士が持っている法定通貨及び仮想通貨の売買を持ち掛け、成立すれば取引が成立するという仕組みになっています。

基本的には現状のチャートに沿った販売レートで持ち掛けないとまず成立しないものの、自分の決めたレートで売買をすることができるのがメリットです。「販売所」は、ユーザーではなく仮想通貨取引所を相手取って売買を行うことになります。仮想通貨取引所はあらかじめ仮想通貨を調達しているため、ユーザー相手に売買を行う「販売所」を用意しているのです。

販売所では現状のチャートでの売買が必須になるものの、自分が望めば確実に売買が成立しますし、取引を行うwebページやアプリ画面もシンプルでとても見やすくなってい仮想通貨取引所では、主にこのような二つの場所で取引を行っていくということをまずは認識しておきましょう。

「取引所」と手数料

「取引所」を利用しても手数料はほとんど掛からない

それでは、なぜ「取引所」を利用したときに発生する手数料をあまりに気にする必要がないのか、ということについて説明していきます。結論としてはとてもシンプルで、「取引所」を利用しても手数料自体がほとんど発生しないからです。

これはどこの仮想通貨取引所に置かれている「取引所」にいえることなのですが、仮想通貨取引所としてはユーザー同士の売買が成立するだけで自分たちが仮想通貨を支払うことなく手数料が発生するので、あまり高額に設定する必要がないということかもしれません。

確かにユーザー同士の中で成立がしなければ仮想通貨の取引自体ができないという仕組みになっているとはいえ、成立してもほとんど手数料が発生ないことは非常に大きなポイントであり、できることなら「取引所」の方を利用していきたいところです。仮想通貨取引は慣れが重要になってくる部分もありますから、まずは少額投資で「取引所」での投資について学んでいくといいでしょう。

スムーズに取引をしたいなら利用者が多い「取引所」を

以上のように、「取引所」ではユーザー同士の仮想通貨売買の契約成立が必須になります。そのため、仮想通貨取引所選びに際しては「利用しているユーザーが多いこと」も判断基準になってくるということです。これに関してはどの仮想通貨取引所が人気を集めているのかということを判断しなければならず、アクティブユーザー(常習的に利用しているユーザーの数)の確認についても行わなければなりません。

急激にチャートが上がったこともあって「一気に儲けることができる」という認識を仮想通貨に対して抱いている人もいますが、水面下ではこのようなリサーチなどが必要になるので、手間が掛かることに関しては惜しまず取り組んでいきましょう。

「販売所」と手数料

「販売所」に設けられるスプレッドが実質的な手数料に

次は、「販売所」の手数料について説明していきます。実は「販売所」も手数料そのものについてはあまり高額ではない場合が多いです。しかし、どの仮想通貨取引所も「販売所」にはスプレッドというものを設けていて、それを実質的な手数料としているので、使うユーザー側も手数料についてしっかりと考えなければならなくなります。

スプレッドとは、「販売所」の市場における購入価格と売却価格の開きのことを指し、まず間違いなく売却価格の方が低くなっているのが特徴です。基本的に購入価格は仮想通貨のチャートに沿った価格となっているのですが、売却価格は当然その限りではないということも考えておく必要があるでしょう。

例えば、購入価格が50万円のときに仮想通貨を「販売所」で購入した場合、少しチャートが上がってきたので売ろうと思っても売却価格自体は50万円を下回っている可能性もあり、赤字になってしまうという例もあるのが、スプレッドのある「販売所」の悩みどころです。

このスプレッドの幅に関しては仮想通貨取引所によって違いがあり、場合によってはかなりチャートが上昇しないと「販売所」で利益を出していくことが難しいということになります。これが、仮想通貨取引所における「販売所」の手数料(スプレッド)を気にしなければならない理由です。

国内の仮想通貨取引所でのアルトコインの購入は「販売所」で

ここまで「販売所」の利用における難点を聞いていると、「販売所を利用しなければいいのでは」と考える人も多いと思われます。確かにどこの仮想通貨取引所も「取引所」を利用すれば手数料は安価なので、特にこのようなことを気にする必要はありません。しかし、実際には「販売所」のスプレッドについて気にしなければならない大きな理由である「取り扱っている仮想通貨の種類」という問題がのしかかってきます。

仮想通貨取引所の中には複数の仮想通貨を取り扱っていることをPRしているところも多いですが、実はアルトコイン(最初に誕生したビットコイン以外の仮想通貨の総称)の取引は「販売所」のみという例が大半です。つまり、ビットコインだけの取引を考えているなら「取引所」のみを利用すればいいという一方で、アルトコインの取引を考えている場合は「販売所」を利用しなければならないという事情があります。

もちろん仮想通貨はどの銘柄が一気にチャートを伸ばしていくのか分からないので、ビットコインだけでなくアルトコインに関しても出来れば積極的にチェックしていきたいところです。ただ、アルトコインの取引に関してはスプレッドを確認することが必須なので、しっかりと比較してお得に取引できる「販売所」を運営している仮想通貨取引所を利用していきましょう。

海外の仮想通貨取引所を利用することも選択肢に

「販売所」におけるスプレッドのリサーチは、実際にホームページにアクセスしてどのような形になっているのか確認して、仮想通貨取引所同士で比較していくことになります。もちろん手間が掛かりますが、投資を上手く行っていくためにはとても大事なことです。

一方で、このスプレッドの確認に関しては日本の仮想通貨取引所に限った話であり、海外の仮想通貨取引所のアカウントを取得するということも選択肢にできます。海外の仮想通貨取引所はアルトコインに関しても「取引所」があるので安価な手数料で取引することができますし、100種類以上の銘柄を取り扱っているところもあるので、投資に関する自由度がとても大きくなるのが利点です。

しかし、日本語対応がなされていない仮想通貨取引所が多いので英語等の言語を習得しておく必要性があるなど、使いやすさという面ではどうしても日本の仮想通貨取引所の方が良いということになります。少なくとも仮想通貨の投資経験がない状況、かつ日本語以外に明るくないという状況で海外の仮想通貨取引所を利用するのはリスキーなので、できれば日本の仮想通貨取引所で取引に慣れてからということにしたいです。

仮想通貨取引所を巡る動きはより大きくなっているため、海外の仮想通貨取引所の日本語対応がなされることや、日本の仮想通貨取引所のアルトコイン取引所の増加の可能性も十分あります。そのため、市場の動きを注視して変化に対応していくことも忘れないようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る