24時間取引が?仮想通貨の自動売買ツールについて知ろう

24時間取引が?仮想通貨の自動売買ツールについて知ろう

75view

2018.07.26

自動売買ツールって何?

24時間体制でチャートをチェックするのは困難

仮想通貨の取引は、「タイミング」が重要になります。不安定であるがゆえにチャートが乱高下する可能性が孕んでいますから、売り時と買い時を逃さないようにしっかりとタイミングを見極めたいものです。しかし、タイミングを突き詰めると24時間体制で仮想通貨のチャートを確認しなければなりませんので、実際には不可能といえます。

とはいえ、「少しでも仮想通貨で利益を出していきたい」と考えている人にとっては、なるべく多くの時間を仮想通貨のチャートチェックと売買に時間を注ぎたいですし、その辺の時間の使い方ということも大変です。

そんな時に力になってくれるのが、仮想通貨の自動売買ツール(アプリ)であり24時間体制で仮想通貨の取引をしたい人にとって大きな力になっていきます。次項から、仮想通貨の自動売買ソフトについて説明していきます。

BOTが売買を行ってくれる便利なツール

自動売買ツールはその名の通り、人間が特に何もしなくても仮想通貨の取引を行ってくれるBOTのことで、導入すれば誰でも動かすことができるようになっています。自動売買ツールの大きな仕様としては、「利益を出すことができるタイミングで売買するようにプログラミングされている」ことであり、自分が仕事や趣味の時間に没頭している間であってもタイミングを見極めて売買を行ってくれるのです。

個人として行うことは自動売買を行うかのオンオフの設定だけなので、仮想通貨のチャートが理想的に上がっていけば「何もしていないにも関わらずBOTによって仮想通貨で利益を出す」ということも不可能ではありません。細かい売買をBOTに任せることによって投資のために掛ける時間がほとんどなくなりますし、タイミングを見極めるための手間というのも掛かりません。

そのため、決して仮想通貨取引に時間を掛けることができない人のためのツールということではなく、手軽に取引を行いたい人のためにも大いに役立つツールということになります。日本においては仮想通貨の自動売買ツールはそこまで浸透していないものの、これから増えていく可能性もありますので、しっかりと状況を注視していきたいところです。

自動売買ツールはどうやって入手するのか

自動売買ツールは仮想通貨取引所があらかじめ導入しているケースと、個人でインストールするケースがあります。仮想通貨取引所が導入している場合はアカウントを取得することで使えるようになってくるので、とても便利です。

インストールする自動売買ツールはいくつか存在しますが日本語対応していないものもあるので、仮想通貨関連で使用されることの多い英語や中国語といった言語に関する理解をある程度しておかなければなりません。いずれにしても使用していく上での条件が課されることもありますから、それについては必ず確認しておくことが大事です。

自動売買ツールを利用する上でのデメリットとは

とても便利な自動売買ツールですが、使用上の上ではデメリットについてもあらかじめ理解しておく必要があります。まず一番大事なのはコスト面です。基本的に自動売買ツールは有料での利用になりますので、気軽にインストールして使用するということはできません。

しかも初期費用の支払いを行った後、月額料金を数万円支払う仕様になっている自動売買ツールが大半なので、1年間使用すると数十万円掛かってしまうと考えていいです。

仮想通貨のチャートがすごい勢いで伸びて莫大な利益を得ることができれば自動売買ツールを導入しても何も問題はありません。

しかし、あまり伸びないまま1年が過ぎるとそこまで利益を得ることができないので、自動売買ツールの月額料金が重くのしかかってくる可能性も否定できないということもあります。確かにこれだけ便利なツールが無料で利用できるというのはなかなか難しい話なので、コスト面に関してはよく考えて黒字になることを優先に利用するかを判断するといいでしょう。

また、BOTということもあって細かいチャートの変化に関しては対応していません。仮想通貨のチャートは株式以上に何気ない発言やニュースで上下します。それだけにそのようなタイミングで売買のタイミングを逃してしまうと、せっかくの機会を逃してしまうということになるのです。

自動売買ツールは利益が出るタイミング売買するようにはなっているものの「より多くの利益を出すための工夫」までは行き届いていない可能性もありますので、その点についても留意しておかなければなりません。また、BOTなのでネット環境に不備があった場合に作動しなくなる可能性があることもとても重要なポイントです。

せっかく、24時間体制で取引を行えるようにしているのに蓋を開けてみれば不具合でできなかったということにならないように、自動売買ツールがしっかり動いているのかについてもしっかりとチェックしておくようにしましょう。

結論としては、仮想通貨の自動売買ツールはとても大きなメリットがあるものの、有料であり、細かいところへの対応が行き届いていかないということになります。しっかりとメリット・デメリットを照らし合わせて、自分にとって自動売買ツールが必要かどうかを判断することが、仮想通貨で利益を得るためのファクターの一つになってきます。

自動売買ツールは自作ができる?

前項で触れたとおりいろいろな魅力がある自動売買ツールですが、実は自分で作成するということも不可能ではありません。自動売買ツールはプログラミングによって作成されるツールなので、プログラミングの技術があれば自分で作っていくことができます。

もともと存在している自動売買ツールを利用して新たな自動売買ツールを作成している例もありますので、プログラミングに関する高いノウハウを持っている人は作成例について調べてみるといいかもしれません。プログラミングに詳しくない人の場合は、一からプログラミングに関する知識について学んでいく必要があります。

覚えるのが簡単なプログラミング言語を覚えてプログラミングを始めるというのが、自動売買ツール作成への一番の近道ですが、自動売買ツールの作成となるとそれ以外の知識についても当然必要になってくるので、時間がある程度かかることは避けられません。

どちらかといえば利益を得るためというよりは自分自身でツールづくりにチャレンジしたいという意欲を持っている人の道ですが、作成に成功すれば達成感もとても大きいと思われますので、挑戦してみるのもいいかもしれません。プログラミングの知識の習得に関してはプログラミング関連の教材を購入して勉強したり、専門の講座を受講して知識について理解を深めていくという方法があります。

ツール任せにならず自分でもしっかりと確認を行おう

仮想通貨の自動売買ツールはとても便利なものであり、仮想通貨投資で利益を獲得する上での大きな手助けになる心強い存在です。しかし、便利すぎるがゆえに初心者の方が「最初からツールを購入して全て任せてしまおう」と考えてしまうということもあるかもしれません。しかし、仮想通貨に関する理解がないまま多額の投資を行うのは自動売買ツールを使用していても危険なことなので、それは避けた方がいいです。

まずは自分自身で少額の投資を行って、仮想通貨の投資に慣れビットコインやアルトコインの知識を深めていった後に、自動売買ツールの導入を検討してみるといいでしょう。もちろん、自動売買ツールを導入したからといってツールに全て任せきりにならず、自分でも市場の動向やチャートを確認するようにしておくことも重要です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る